インプラントとは

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応出来なかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
大部分の歯を失った場合、入れ歯にすることで、粘膜部分による負担が大きくなることがあります。又残存歯への負担も増大します。

インプラントとは

インプラントをオススメできるポイント

インプラントが骨と結合する事が臨床的に長期間にわたり解明されてきたものであり、万が一、不具合が生じたとしてもその修復の可能性が非常に高く、加えてお口の中の変化に対処しやすい事にあります。
入れ歯とは異なり自分の歯と同じ感覚で噛めることで、利便性を実感出来ることと思います。

インプラント治療の流れ

1. 検査・治療計画

患者様のご希望をお聞きし、口腔内の状態を確認しながら治療計画を決めていきます。

2. 一次手術

歯肉を切開し、顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。麻酔を使用しての手術になりますので、痛みはほとんどありません。

3. 治癒期間

一次手術後、通常3~6ヶ月治癒期間をとります。インプラントが骨と結合し、安定させるための期間です。

4. 二次手術

顎の骨とインプラントが安定したら、人工歯の連結部分を取り付ける手術を行います。
この手術後、歯肉が治るまで1週間から6週間あいだをあけます。

5. 人工歯の装着

二次手術の傷が回復したら、人工歯を装着してインプラント治療の完了です。

インプラント治療の注意点

  • 治療に長期間かかる(最短で6週間ほど)
  • ほとんどの場合自費診療となるため、高額になる
  • あごの骨が薄いなどの場合、骨を増やす外科手術が必要となる、もしくはインプラント治療ができない場合がある
  • 患者様の健康状態(持病を持っているなど)によっては、インプラント治療を受けられない場合がある
  • ご自宅でのブラッシングや定期的な医院でのメンテナンスが必須