お子さまの歯を守るために

小児歯科では、お子さまの成長に合わせた虫歯・歯周病などの予防と治療を行います。
虫歯は、大切な歯の働きや形をそこなう、一番の大敵です。永久歯の生え変わりや顎の成長、味覚形成に悪影響を及ぼします。

虫歯とは、歯についている細菌が、食べ物のカスにある糖分を養分にして、次第に歯を破壊しながらむし歯は進む病気です。
しかし、おやつの食べ方・歯みがきの方法でお子様の虫歯は予防可能なのです。当院では虫歯の治療のみならず、そういったお子様の生活習慣から見直した「虫歯予防」を勧めています。
虫歯・歯周病の予防と早期発見・早期治療でお子さまのお口の健康を守りましょう。

お子さまの歯を守るために

進行しやすい子どもの虫歯

乳歯や生えたばかりの永久歯は、まだ歯の表面のエナメル質が未成熟で弱く、硬度が不足しています。歯の内側の象牙質も同じく弱く、一旦虫歯になるとすぐに内部まで進行してしまいます。そのために短期間で虫歯が進行し、少し放置しただけで大きな穴が開いてしまうので、注意が必要です。

当医院で採用している機器

フッ素塗布

フッ素は歯質を強くする効果があります。歯面に塗布することで、歯の表面のエナメル質に取り込まれ、酸に溶けにくい丈夫で強い歯がつくられます。
乳歯や生えたばかりの歯に効果的なので、お子さまのうちに塗布されることをおすすめします。

シーラント

奥歯の溝は複雑で、みがき残しが出やすい場所です。シーラントは、虫歯になる前にその溝を歯科用樹脂で埋めることで、その部分の虫歯を未然に予防するものです。
永久的なものではありませんので、定期的にチェックする必要がございます。