歯周病について

歯を支えているまわりの組織(歯ぐき、歯槽骨など)の病気が「歯周病」です。
日頃のお口のクリーニング・ケアが不充分だと、細菌が増殖して歯ぐきに
炎症が起こり、やがて歯を支える骨が溶けていきます。

歯周病の症状

歯周病は、初期の”歯肉炎”と、歯肉炎が進行した”歯周炎”との二つに大別されます。

歯肉炎

歯垢の細菌によって歯の根の周りが冒され、歯ぐきが丸く膨らんで腫れた状態です。ブラッシングの際に出血することがあります。

歯肉炎

歯周炎

歯垢が歯と歯ぐきの隙間の奥深くまで入り込み、細菌が歯の根を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。歯ぐきからの出血、膿が出る(歯槽膿漏)などのほか、次第に歯が前後左右にぐらぐらするようになります。さらに進行すると、歯を噛みあわせた際に痛みが生じるほか、口臭がきつくなるなどの症状が出てきます。

歯肉炎

歯周病の治療

歯周病は自然に治ることはありません。
虫歯と違いほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行するからです。
初期の段階であれば歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に歯石を除去してもらうことで治っていきます。
しかし放置すると歯周ポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。
炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気がつくと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

正しいブラッシングと歯周病にかかりにくい生活習慣を心がけることで病気は予防できます。
また、早期発見、早期治療により進行を止めることもできます。
いつまでもきれいな歯と歯ぐきで、美味しい物をおいしく食べ、健康で楽しい人生を送るため定期的に歯科医院に受診しましょう。
正しいブラッシングと歯周病検査は、当院で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

歯周病を予防するには