ご自身の歯を使い続けるために

虫歯や歯周病にかかってしまうと、歯を削ったり抜歯をし、失った部分を人工物で機能を補う治療を行います。つまり、歯は一度削ったり失うと、二度と自然のものは戻らないのです。

口内の異常は万病のもと

口は体内の臓器につながる入り口です。口内の細菌を減らす口内ケアを行うことで、肺炎リスクが低下するとも言われています。
口の中を清潔保つことが、全身の病気を防ぐことにもつながります。

埋没歯・親知らずの抜歯

予防歯科の流れ

ご自身の歯を失わないためには、治療を受けないように虫歯・歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」の受診をおすすめします。

1. 定期的な口内チェック

患者様の状態によって、1~3ヶ月おきに口内の検査を行います。
虫歯や歯周病などがないか確認します。

定期的な口内チェック

2. 口内のクリーニング

チェックした口内の状態に合わせて、歯石や歯垢の除去、
PMTC(専用機器を用いたクリーニング)を行います。

口内のクリーニング

3. 歯の保護

クリーニングできれいにした歯にフッ素を塗布し、表面のエナメル質の強化をはかり、虫歯を予防します。

歯の保護